漢方養生学研究会

会員紹介

sano

会長: 佐野 正行 (さの まさゆき)
医師 / 医療相談専門医 / 森林医学医
(株) メディカルアンドナレッジカンパニー 代表
マーキュリーアカデミー 校長
ナチュラルクリニック代々木 医師
川湯の森病院 副院長
東西予防医学研究所 顧問医師
予防医学・代替医療振興協会 学術理事
日本ナチュラル・フード協会(JNFS) 理事
日本オーガニックレストラン協会(JORA) 顧問医師

 

 

消化器外科医として3000人以上の方の手術に携わり、究極の生活習慣病である「がん」に対する治療を実践。現在は、食生活改善による健康指導・予防医療、セカンドオピニオン専門医、脂肪幹細胞による先進医療、労働環境・生活環境改善、気功、医療・健康教育など、病気になる前(未病時)に対応するために幅広く活動をしています。

 
Ikeda Kazuko

副会長: 池田 和子 (いけだ かずこ)
内科医 / 産業医 / 統合医療医
田園調布 長田整形外科 医師
川湯の森病院 医師
東西予防医学研究所 顧問医師

 

 

自分自身の体調不良をきっかけに西洋医学の限界を実感し、あらゆる代替医療、自然療法、食事や栄養療法などを学び続けています。さらに医療の枠を超えた学びが必要であると感じ、様々な領域へのアプローチを試みています。漢方養生に出会った時、その先人達の叡智に感銘し、この教えを自分達のものとし、さらに次世代へつないでいくことが大切であると感じ活動しています。

 
onomitsu

学術顧問: 小野満 幹彦 (おのみつ みきひこ)
漢方家 / 薬剤師
(株) オリエントメディカル 代表
オリエントメディカルスクール 代表
桃林堂薬局 薬剤師
NPO法人 東西予防医学研究所 代表理事
業務提携ネットワーク (GTN) 理事
 

多様化し混迷した時代だからこそ、先人たちの残してくれた知恵や経験、自然の恵みを若い世代が気づき、学んで知ることの大切さを正しく広く普及していくことが使命だと考えています。これからの日本においてさらに、予防教育、健康教育の重要性が益々高まることでしょう。その時に漢方養生学が皆様のお役にたてるよう、これからも「恵みに気づき、学び知る」ことを実践していきます。